履歴書に書けるのは2級から?

簿記は、就職や転職の際に積極的にアピールできる資格といえます。では、履歴書に書くとしたら何級が良いのでしょうか。「就職・転職」なので、ほとんどの場合、その相手方は会社です(個人経営の事務所なども多少はあると思いますが)。会社の経理を扱うのは、簿記2級からです。そのため、簿記2級は取っておきたいところです

もっとも、募集要項に「簿記3級以上」と書いてあって、2級を持っていなくても3級を持っていれば、3級を持っていることを積極的にアピールするのが良いと思います。「未経験者可」ということであれば、3級でも持っていることはアピールポイントになります。

では、経理部門に就職・転職したいなら、1級も取得すべきでしょうか。1級は、簿記のスペシャリストです。経理部門の管理者であれは求められることもあるかもしれません。しかし、ほとんどの場合、求められるのは2級までです。だから、1級を取ることにこだわってタイミングを逃してしまうよりも、2級を取ったら次は実務経験を積むことを考えた方が良いでしょう。

まとめると、履歴書に書いて評価されるのは原則2級、ということです。多くの資格学校では、「2級合格を目標にしましょう」と、2級試験に力を入れています。このことからも、就職や転職のために有利と言えるには、2級を取るのが望ましいことがわかります。