簿記を持っていると就職・転職に有利?

簿記を持っていると就職・転職に有利?


経理部門への就職を狙うなら、簿記の資格を持っていることは有利というよりも必須と言えます。実務経験がなければ即戦力にはなれませんが、資格を持っていないとスタートラインにすら立てないことが多いでしょう。多くの場合、「日商簿記2級」が企業の要求ラインとなっています。


では、経理部門以外なら簿記を持っていても関係ないのでしょうか。そんなことはありません。簿記2級を持っていれば、「損益計算書や貸借対照表が読める」と、評価されます。財務諸表を理解できることは、経営に関わる仕事にも必要です。また、営業などの仕事でも、取引先の財務状況を把握するために簿記の知識は役立ちます。経理部門のように直接簿記の知識を使う仕事でなくても、簿記2級程度をもっていることは就職や転職において評価される可能性があります。


2級はまじめに勉強しなければ合格できる試験ではありません。そのため、2級を持っていると「勉強する努力ができる人」という、前向きな印象を持たれる効果もあります。特に転職の場合、新卒と違って、採用する企業も一から教育するつもりで採用するわけではありません。それまでの職業経験を活かして、新しい環境でも自分でどんどん吸収して即戦力として働いてほしいと考えているのが普通です。つまり、「教えてください」という、受身の態度では転職はなかなかうまくいかないでしょう。

直接その企業の募集職種と関係なくても、簿記を持っていることは前述のように「自分で努力して必要な勉強ができる」という評価になるので、転職する際には有利に働くと思います


長年会社員として働いてきても、自分の会社の財務諸表を見たことがある人は、案外少ないのではないでしょうか。担当する仕事をうまくこなすことと、それ以外のことに目を向けて勉強することは、全く別のことです。会社の取引全体を俯瞰することができるのが、簿記です。どんな仕事をするにしても、簿記を勉強することはメリットがあります。就職・転職の際には、その点を考えつつアピールしていきましょう。

簿記に最短2ヶ月で合格できる

<PR>簿記2級に合格.net